摂取カロリーと消費カロリーの関係って?

摂取カロリーと消費カロリーの関係は、ダイエットの基本中の基本です。
ご存じかとは思いますが、いちおう基本公式を示すと、次のようになります。

  • 摂取カロリー < 消費カロリー = 痩せる
天秤の釣り合い

こうしてみると、ダイエットで痩せることは、何も難しいことではないように思えます。

理屈上では、消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態がつづけば、じきに痩せていくわけです。足りないカロリーは、体にある脂肪を分解してエネルギーにするからです。

摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくする方法には、
3つのアプローチがあります。

① とくに運動をせずに、食事制限で摂取エネルギーを減らす方法
通常、ダイエットで痩せるというと、このやり方が真っ先に思い浮かびますね。低炭水化物ダイエットやカロリー置き換え食品、単品ダイエットなどがこれに当たります。ただし、いろいろな落とし穴が潜んでいるので注意が必要です。

② とくに食事制限をせずに、激しい運動で消費カロリーを増やす方法
食べたい放題の食生活であっても、その分を運動によって消費すれば、太らない理屈になります。シンクロナイズド・スイミングの選手は、1日の消費カロリーが4000~6000kcalにもなるため、無理してでも食べなければならないそうです。

③ 摂取カロリーを少しだけ減らしながら、同時に適度な運動によって消費カロリーも増やす方法
このやり方こそが、もっともストレスの掛からない、バランスの取れた現実的な選択肢になります。当サイトでオススメするダイエット法は、まさにこのやり方です。

食事制限だけで摂取カロリーを減らす方法

高カロリーなスウィーツ

摂取カロリーだけを減らす方法は、皆さんよく行いますよね?冒頭にあるダイエットの公式どおりだとすれば、食事量を減らせば痩せていくと考えるわけです。

結論からいうと、食事制限だけのダイエットには危険が多くひそんでいます。その理由は、ほかのページに譲るとして、ここではカロリー制限をしているつもりでも、実際には食べ過ぎているケースを見ていきましょう。

「食べていないのに痩せれない・・」という女性は、じつはけっこう食べ物や飲み物を口に運んでいたりします。ちょこちょこ間食を摂っていたり、飴をなめたり、清涼飲料水をよく飲んだり・・・。
こういった飲み食いの総決算が、1日の総摂取カロリーです。

レコーディングダイエットとか、日記ダイエットとかありますよね?
自分が食べたものを、事細かに記録することによって、自分の食生活の実態が見えてくるわけです。記録してみると、意外にたくさんのものを摂取していることに気づいたりします。それによって摂取カロリーを抑えようという意識が芽生えてくるわけですね。

そのほかメインの食事でも、注意が必要です。
野菜をたくさん食べているといっても、脂肪分たっぷりのドレッシングをたくさん掛けていては、脂肪の摂りすぎになってしまいます。こういったところまで一度、ご自分の食生活をチェックしてみましょう。

運動によって消費カロリーを増やす方法

筋トレに励む女性

次に2番目の、「運動のみによって、痩せる方法」を見ていきましょう。
冒頭で述べたように、食事量を変えなくても、運動量を増やすことによって痩せることは、けっして不可能ではありません。

とはいっても、運動中に消費されるエネルギーは微々たるものです。
これは、1日全体の消費カロリーのうち、たったの2割

ただし、運動には基礎代謝量を増やす働きもあります。
基礎代謝とは、何もしていなくても、つまりじっと座っているときも眠っているときも消費されるエネルギーのこと。

筋力トレーニングをすれば、筋肉量を増やすことができます。
そして筋肉量が増えると、基礎代謝が増えます。基礎代謝は、1日全体の消費カロリーの7割。運動中に消費されるカロリーが2割なのに比べて、すごく多いですよね?

つまり、筋トレに励んで筋肉量が増加すれば、”たくさん食べても太らない体質”を手に入れることができるわけです。前述したように、シンクロナイズド・スイミングの選手は、まさにこの状態ですよね。
でも、ふつうの女性は、そこまで筋トレに没頭する人は少ないでしょうし、ムキムキになるのも嫌なはずですから、この選択肢は現実的ではないかもしれません。ただ、男性にはオススメの方法です。

ダイエットで痩せることは単純ではない

摂取カロリーと消費カロリーの関係は、それほど単純ではありません。
誰でも皆、摂取カロリーを減らせば、脂肪が減っていくことは分かっています。そのため食抜きダイエットや
カロリー置き換えダイエット、炭水化物抜きダイエットなどを始めるわけですね。

疑問に思う女性

しかし食事制限によって、摂取カロリーを消費カロリーよりも減らしているはずなのに、多くの女性は悪戦苦闘している現実があります。

「ダイエットの公式どおりになっているのに、なぜ?」と疑問がわいてきませんか?

このように現実には、カロリーの公式だけをみていたのでは、うまくいかないことが多いのです。

だからこそ世の中には、様々なダイエット食品や器具があふれ、色々な方法が氾濫しているのかもしれませんね。

多くの女性が、食事制限をしているのになかなかダイエットで痩せれない理由を、次から順を追って解説していきたいと思います。

このページの先頭へ