生理中はダイエットしづらい

生理前や生理中はダイエットしづらいということは、ご存じでしょうか?
ここでは、その仕組みを簡単に解説していきたいと思います。

女性には生理(月経)というものがあり、それは月経周期を持っています。
このときに活躍する女性ホルモンは、以下の二つです。

  • 黄体ホルモン ( プロゲステロン )
  • 卵胞ホルモン ( エストロゲン )

まず黄体ホルモン(プロゲステロン)ですが、これは排卵後から生理が始まるまでを担当する女性ホルモン。この時期が女性にとって不安定なのは、プロゲステロンが優位に働いているからです。

プロゲステロンの働きのひとつに、体内に水分をため込む作用があります。
そのため生理前や生理中は、むくみがちになり、2キロ前後の体重増加は当たり前といわれています。心当たりがあるのではないでしょうか。「生理前や生理中は水分をため込みやすい時期なんだ。」と認識していれば、ダイエット中に多少、体重が増えたとしても、あわてずに済みます。

プロゲステロンの特徴として、脂肪を蓄える働きもあります。
これは妊娠に備えての仕組み。胎児に栄養を与えるために、母体に脂肪を蓄える必要があるからです。
プロゲステロンが優位な生理前は、どうしても脂肪が分解・燃焼しづらいということですね。とくに生理が始まる前の1週間は、もっともダイエットがしづらい時期といわれています。

生理中はストレスがたまりやすい

生理中の憂鬱な女性

そのほか、プロゲステロンの影響を色濃く受け、エストロゲン(後述)の分泌が少ない生理前や生理中は、ストレスがたまりやすくなります。

これは要注意です。ストレスがたまりやすいということは、前回の「慢性的にストレスをかけない」で説明したように、ストレスホルモンのコルチゾールが分泌されやすいということ。そうなると、あなたの筋肉を分解して、どんどん脂肪を増やしていきます。

ですから生理前や生理中は、無理な食事制限や過激な運動は禁物です。よりいっそう、ストレスがかかってしまうからです(もちろん過激なダイエットは、この時期以外でも、オススメできませんが)。
女性の場合は、排卵後2週間ほどは、できるだけストレスをかけないようにすべきです。(とくに生理前の1週間は、要注意)

運動も毎日する必要はないのです。
毎日、頑張ろうとすると、それがストレスになってしまいます。
このように女性の場合は、男性と違って、ダイエットに強弱(緩急)をつけることが成功の秘訣ではないでしょうか?

生理前や生理中には自律神経も乱れがちで、食欲が増加する傾向にあります。これは自然の流れです。
ストレスがかかって精神的に不安定になるために、どうしても甘いものを食べたくなったりするわけですね。
また、胎児を養うために、栄養を蓄えようとする本能とも考えられます。

しかし、この場合も「そういう時期なんだ」と知っていれば、あわてずに済むのではないでしょうか?
もしこのような時期に、ダイエットが思ったように進まないからといって焦り、無茶な食事制限という深みに
はまっていくと、命の危険がある拒食症へと向かう可能性があります。
「生理前や生理中は体重が増えがちで、ストレスに弱く、食欲も増えるもの」という自覚が全くないと、多少思うようにいかなくなったときに、ダイエットが上手くいっていないものと、”勘違い”してしまいます。

ダイエットの強い味方 ~ エストロゲン

生理が終わってから、次の排卵日までの約1週間は、今度は卵胞ホルモン(エストロゲン)が担当します。
この時期に女性が比較的元気なのは、エストロゲンの作用によります。

エストロゲンの働きは、プロゲステロンとほぼ正反対です。
つまり、女性を元気にするホルモンといえそうです。水分や老廃物を排出しようと働くので、むくみや便秘が解消します。プロゲステロンの影響が強かった生理前や生理中は、太りやすい時期でしたが、エストロゲンの支配下では非常に痩せやすい時期といえるわけです。ダイエットで痩せるチャンスといえるでしょう。

脂肪も燃焼しやすく、カルシウムも吸収しやすくなります。その結果スリムになって、骨も強く丈夫になります。エストロゲンは抗ストレスホルモンといわれており、生理後はストレスに強くなります。気分が安定して、何事にも積極的になれる時期といえますね。記憶力や集中力も増すので、勉強も仕事もはかどります。

生理後の快活な女性

もしも集中的に筋トレとか有酸素運動をするのなら、生理後のこの時期が適していると言えないでしょうか?まさに「やせ期」といえます。

プロゲステロンの影響が強い生理前や生理中に、長時間の有酸素運動をしても、ストレスがたまるだけです。それでは、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を許してしまいます。コルチゾールには筋肉を脂肪に変える働きがあるため、ダイエットの失敗につながることに。

以上のように、女性の場合は、生理とダイエットの関係を心得ておくことによって、うまく乗り切ることができます。

月経周期に合わせて、ダイエットにも強弱をつけることが、健康的に痩せるためには必要ではないでしょうか。


さて次は、ダイエットにとって運動と食事は切り離せないというお話です。

このページの先頭へ