部分痩せの方法

部分痩せを達成した女性

部分痩せの方法とは、言うまでもなく、体の一部分だけを細くスリムにするダイエット法です。

たとえば顔、二の腕、背中、お腹、下っ腹、お尻(ヒップ)、ウエスト、太もも、ふくらはぎ、足首などですね。

一般的な定説では、一部分の脂肪だけを落とすことは不可能とされています。
なぜなら体脂肪というものは、全身で均等に減ったり増えたりする性質があるからですね。

しかし私は、その前提に立った上で、以下のようなやり方であれば「部分痩せは可能」と考えています。

  • 内臓脂肪を減らす = お腹の部分痩せ
  • 筋肉で引き締める
  • マッサージ or 温めたあとに → 有酸素運動
  • 痩せたい部分に、意識を集中させる

部分痩せの方法の基本は、まず全身の脂肪を均等に減らしていくことです。
つまり食欲を抑制して、やや摂取カロリーを減らすわけです。あるいは正しい筋トレや有酸素運動によって、消費カロリーを増やすわけですね。そのような無理のないダイエット法、つまりダイエットの基本原理にのっとれば、必ずや体脂肪は減少していきます。その結果、あなたが細くしたい部位も、必然的にスリムになっていくはずです。その基本を踏まえたうえで、ここで解説している「部分痩せの方法」を活用していきましょう。

全身の脂肪を減らした上で、部分痩せの方法を活用しましょう

お腹の部分痩せは可能

お腹ぽっこりを気にしている女性は多いでしょう。
お腹がふくれる原因としては、以下のようなものが考えられます。

  • 内臓脂肪
  • 皮下脂肪
  • 内臓下垂

もしも内臓脂肪によってお腹がふくれているとしたら、お腹の部分痩せは簡単に達成できます。
なぜなら内臓脂肪は、こちらで解説しているように、普通預金でありタンス預金だからですね。内臓脂肪は溜まりやすい代わりに、分解・燃焼しやすい部位でもあるのです。少し食事量を減らしたり、有酸素運動を取り入れることによって、簡単にお腹の部分痩せは可能です。

ただし内臓脂肪の蓄積は、男性に多い傾向があります。
女性の場合は妊娠に備えて、内臓脂肪に蓄積しないような仕組みになっているからです。しかし過激な食事制限によって、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少すると、内臓脂肪にも蓄積します。内臓脂肪か皮下脂肪かは、指でつまめるかどうかで判断できます。つまめないのに膨れていれば、内臓脂肪になりますね。

もしもお腹ぽっこりの原因が、内蔵脂肪でも皮下脂肪でもない場合は、内臓が下垂していることが考えられます。大腸が垂れて、下腹を膨らませているわけですね。内臓下垂の原因は、姿勢が悪い猫背や、骨盤の開き、便秘にあります。ですから姿勢を正したり、骨盤矯正ダイエットが有効です。便秘なら、しっかり食事を摂ったり、食物繊維を食べることが大切。運動も必要です。ちなみに腹筋運動は脂肪を減らす効果はありませんが、皮下脂肪を締め付けるので、部分痩せの方法として有効です。

お腹だけを、短期間で凹ませることは十分に可能

筋肉で引き締める方法

筋肉で引き締まった脂肪

お腹の部分痩せ方法の最後で触れましたが、筋肉を鍛えると、部分的に引き締めて見せることが可能です。ただし、これは言ってみれば騙しのテクニック。

つまり、実質的な脂肪量には変化はありません。
そのため冒頭で述べたように、全身の脂肪を減らしていくダイエットも同時に行う必要があります。

部分痩せの必要性を感じるのは、太いという理由のほかに、だらしなく垂れ下がるからですよね?

たとえば二の腕に脂肪がついていると、ちょっと腕を振っただけで「たぷたぷ」揺れることに・・・。
そうなると「脂肪の存在が強調される」ので、女性は過敏に反応するのです。全体的には肥満でない人でも、このような脂肪は気になるので、部分痩せの方法を求めるわけです。要は、実際に脂肪が落ちなくても、引き締まって見えれば悩みは解決するわけですね。

気になる部分があれば、簡単な筋トレで解説しているように、7秒間だけ力を込めて静止するアイソメトリクス法が手軽です。べつに、激しい腕立て伏せとかスクワットは必要ありません。二の腕の部分痩せの場合は、ちょっとした重りを持ち、腕を後ろに持ち上げて7秒間静止するだけです。腕は真っ直ぐに伸ばした状態で、重りを持った腕を、ゆっくりと後ろに移動させます。このとき、二の腕の筋肉を意識することがコツ。

そのほか、お腹や太ももの部分痩せの方法も同様です。
顔の場合は口を大きく動かして、頬の筋肉を鍛えれば、小顔になって引き締まって見えるようになります。
スクワットでヒップの筋肉を鍛えれば、今まで垂れ下がっていたお尻がヒップアップすることに。そうなれば体脂肪が落ちていなくても、スタイルよく見えるようになるのです。

筋肉細胞は皮下脂肪よりも下(内側)にあるので、土台がキュッと持ち上がれば、脂肪のたるみが解消されるというわけですね。これはバストアップでも同様。胸の筋肉(大胸筋)をつければ、たるんだ皮膚を持ち上げてくれます。加齢とともに、どうしても皮膚は、重力に逆らえずに垂れ下がっていくものです。でも筋肉を付ければ、ある程度は、皮膚を引き上げることが可能なのです。つまり、見た目のアンチエイジングといえますね。

筋肉をつければ、部分痩せしたように見える

マッサージと部分痩せの方法

脂肪の分解は、外部からの圧力ではなく、内的な必要性によって行われます。簡単にいうと、エネルギー源として脂肪が必要だから、それを分解するということです。

脂肪の分解が必要なときは、空腹時や運動時、睡眠時などです。
空腹時は、膵臓からグルカゴンというホルモンが分泌されてきて、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させます(空腹時のエネルギーを作るため)。運動時は、交感神経の働きが優位になって、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。それが同様にリパーゼを活性化させます(運動時のエネルギーを作るため)。
そのほか睡眠中や筋トレ後に分泌される成長ホルモンも、脂肪の分解を促進します(睡眠時のエネルギーや、筋肉を作るエネルギーを得るため)。

このように、「代謝に必要性だから、脂肪を分解する」という原則があります。
必要と判断した脳が「ホルモンを分泌させる」ことによって、脂肪細胞に指令が行き、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化するわけです。何の必要性もなく、脳からの指令も来ていないのに、リパーゼが勝手に脂肪を分解することはないわけですね。つまり外部から圧力を加えても、脂肪の分解は期待できないということ。

マッサージを受ける女性

この脂肪分解の原則からすると、エステの部分痩せマッサージでは、脂肪分解酵素のリパーゼは活性化しないことになります。

エステのセルライト除去の施術後に、腕や足が細くなるのは、リンパの流れがよくなって、むくみが解消されるためだと思われます。
そのほか室内が暑いと、汗として水分が出て行くので、その分体重が減ることになります。

もしマッサージだけで終わってしまっては、一時的なリンパの除去だけに留まってしまいます。
ここからは推測ですが、マッサージをすることによって、その部分の脂肪細胞が、ほかの体の部分よりも活性化されると考えられます。これはリパーゼによる分解までは行かない、その一歩手前の活性化といったニュアンス。そのため、マッサージのあとに有酸素運動をすることによって、とくにその部分の脂肪が分解されるかもしれないわけです。足やせしたいなら、足をマッサージしてからウォーキングをするということです。

マッサージしてから有酸素運動をしてみましょう

部分的に温める方法とイメージの力

そのほか湯たんぽなどで、部分痩せしたい箇所を、あらかじめ温めておいてから有酸素運動をするという方法も考えられます。

湯たんぽで部分痩せ

冷え症の人は特に、全身にある脂肪分解酵素リパーゼの活性が鈍っています。そのため、体を温めることは有効です。ふつうの人でも、運動前に一箇所だけを温めておけば、その部位の脂肪細胞にあるリパーゼが、とくに活性化すると考えられます。

もちろんこの場合も、前述したように、脂肪の分解ということではなく、その一歩手前の活性化という意味です。

たとえば足やせしたい場合は、まずは太ももの前面に湯たんぽをしばらく当てて温めたあと、足を使った有酸素運動(ウォーキングやジョギング)をするとよいと思います。マッサージと同様の考え方ですね。温めとマッサージを併用すると、さらに効果がありそうです。

ただし肥大化した脂肪細胞は、いろいろな炎症物質や過激分子を抱え込んでいるといわれています。
そのため強くもみすぎると、そういった炎症物質などが血液中に流れ出てしまう危険も。マッサージをすると、神経反射で血圧が下がるので、気分が悪くなる人もいるようです。ですから、自分がかなりの肥満体だと自覚している人は、リンパマッサージなどは避けたほうがよさそうです。その場合は、体を温める方法をオススメします。これなら副作用の心配はありません。ダイエットだけではなく、健康の増進にも役立ちます。

以上、マッサージと温めることが、部分痩せの方法に有効だというお話をしました。
それは分子レベルから有効というだけではなく、意識の面からみてもイメージトレーニングのような効果を期待できます。つまりマッサージしている、あるいは温めているときに、ボーッとしているのではなく、その部分に意識を集中させるわけです。「今、この箇所の脂肪がどんどん分解されている」と強くイメージするということですね。そうすれば筋トレと同様に、その部分まで神経が伸びていく効果を期待できるのです。

温めてからの有酸素運動も、部分痩せの方法として有効


ここまで読まれてきた方、大変お疲れ様でした^^
ダイエットの基本原則食事法運動法というベースのうえに、さらに「ダイエット成功の秘策」までマスターしたあなたは、ダイエットのあらゆる知識を身につけました。

秘策に関しては、別にすべてを実行しなくても、お気に入りのダイエット法だけを行えばよいと思います。
当サイトのメインコンテンツは、ここまでになります。ここから先は「ダイエットの豆知識=補足説明」ということで、ダイエットに役立つ食材成分用語集Q&Aなどを、あなたの日々のダイエットにお役立てくださいね。

このページの先頭へ