デトックスで毒素排出

長い年月をかけて、毒素が体内に蓄積する
代謝を阻害する毒素

デトックスダイエットって聞いたことありますか?
体内には、長い年月のあいだに毒素がたまっています。

たとえば有害ミネラルの重金属やダイオキシン、アスベスト、合成化合物、農薬、食品添加物などですね。
これらは汚染された海に住む魚介類や食品、排気ガス、焼却したゴミ、歯の詰め物、タバコの煙、建築物の解体後の残骸、古い水道管などから体内に入ってくるといわれています。

体内に入ってきた毒素は脂肪に付着して、脂肪の燃焼効率を悪くしたり、消化管に付着して栄養素の吸収率を低下させます。また必須ミネラルの働きを阻害して、筋肉や臓器の新陳代謝や、酵素の働きを妨害するともいわれています。肝臓や腎臓は、人体に備わっている解毒装置ですが、許容量をオーバーした毒素が入ってくると、体内への毒素の侵入を許してしまいます。また、肝臓や腎臓も疲労することに。

人間が生活していく上で、毒素の含まれた食べ物や空気を、完全にシャットアウトすることは不可能といえます。ただし、できるだけ毒素を取り入れないようにすることは出来ます。また、体内の解毒機能を高めたり、一旦は蓄積したものを排出することは可能です。

そのための方法として、巷では「デトックスダイエット」が流行しています。
岩盤浴やサウナ、解毒をうながす食材やサプリメント、リンパマッサージ、プチ断食(ファスティング)などですね。しかし、なかには科学的に立証されていないのに、ダイエット効果があると謳っている商品もあります。
そこで、ここでは管理人独自のデトックス(毒素排出)の考え方を中心に、解説していきたいと思います。

体内の毒素を排出するデトックスは、ダイエットに有効

デトックスダイエットは有酸素運動でOK

デトックスダイエットのなかには、以下のような方法があります。

  • プチ断食(*脚注)によって、「有害物質が蓄積した脂肪」を排出する
  • サウナや半身浴、岩盤浴などによって、「毒素をふくんだ汗」を排出する

しかし、わざわざ上記の方法を取らなくても、普通のダイエットによってデトックスは可能だと考えています。
プチ断食(ファスティング)では、カロリーを制限することによって、脂肪酸がエネルギー源になるといいます。そして脂肪が燃焼されるときに、脂肪に付着した毒素も一緒に排出できるとしています。

しかし、それなら普通の有酸素運動でも脂肪は燃やせますよね?そのときに、脂肪に付着した毒素も一緒に排出できるはずです。また空腹時にも、少しずつ脂肪は燃焼しています。「摂取カロリー<消費カロリー」であれば、黙っていても脂肪は燃焼していきます。何も断食してまで、脂肪を燃焼させる必要はないわけです。

次に、汗から毒素を出すという考え方ですが、結局は血液中の水分が汗となって出ているにすぎません。
そのあと水分補給をして、血液をさらさらにしようというわけですね。しかし、普段の食生活が変わらなければ、その場しのぎに過ぎません。時間が経てば、また血液は「どろどろ」になるだけではないでしょうか?

そもそも有害ミネラルは、脂肪にたまりやすい性質があります。それを「汗」によって出すことはできません。
出ているのは、血液中の成分だけです。岩盤浴という方法を取らなくても、日常生活のなかでウォーキングなどの有酸素運動をするだけで、血液中の脂質や糖質が使われるので、血液はさらさらになります

体内に毒素や老廃物が蓄積するということは、「消化・吸収・代謝・排泄」という流れを阻害することになります。配水管が詰まっているようなものです。こちらで解説しているように、これらがスムーズに回転すれば「健康」ということであり、「ダイエットで痩せやすい状態にある」ということですね。
通常は、有害ミネラルであるカドミウム、鉛、ヒ素、アルミニウム、水銀、ニッケルなどの重金属が、とくに問題視されます。もちろん、それらの金属も問題ですが、ほかにも見落としてはならない毒素があります。

デトックスダイエットは、特別なものではない

* プチ断食には、疲労した肝臓や腎臓などを休めたり、自然治癒力を高めるという目的もあります。
しかしダイエットのためだけに行うというのは、手間と負担がかかります。一歩間違うと、体が飢餓状態になってしまうことに。

ダイエットで問題になる毒素とは?

ダイエットの弊害になるとともに、健康を脅かす真の毒素は、以下のようなものです。
放置しているとメタボリックシンドロームになったり、大腸ガンなどを発症する危険があります。

  • 血液中の毒素 → 過剰な中性脂肪、悪玉コレステロール、高血糖、プラーク、排気ガス*
  • お腹の毒素 → 過剰な内蔵脂肪と、それが発する悪玉サイトカイン ( 詳しくはこちら
  • 大腸内の毒素 → 滞留便、宿便、悪玉菌が発する毒素 ・・・不溶性食物繊維、朝食、水分
  • 小腸内の毒素 → 小腸壁にたまって吸収を妨げる ・・・水溶性食物繊維
  • むくみ(水毒) → 老廃物がたまる。冷え性を悪化させる ・・・筋トレ、リンパマッサージ
  • 精神的ストレス → 過剰なコルチゾールの分泌 ・・・ストレス解消は心のデトックス

* 車の排気ガスを多量に吸うと、一酸化炭素が赤血球のヘモグロビンと結合して、酸素を取り込めなくなります。
交通量の多い場所でのウォーキングやジョギングには要注意。

血管内部の赤血球など

高カロリーのものを食べ過ぎる生活で、なおかつ運動不足になると、血液がどろどろになります。
そのとき血液中には、中性脂肪や悪玉のLDLコレステロール、カイロミクロンレムナント(*脚注)があふれています。
また、ぶどう糖が多くなれば高血糖を招きます。

そうなると動脈硬化になって、いずれ心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険が大きくなります。巷で言われている有害ミネラルも怖いですが、こちらのほうも、それに劣らず深刻とはいえないでしょうか?

ちなみに高すぎる血糖値や血圧、中性脂肪値を下げる働きをするミネラルは、マグネシウムです。
アーモンドなどのナッツ類、ゴマ、バナナなどに含まれています。
そのほか緑茶のカテキンには、炭水化物をぶどう糖に分解する「アミラーゼ」という酵素の働きを、阻害する作用があります。そのため、ゆっくりと血糖値を上げることになり、高血糖を予防してくれます。緑茶のカテキンには、小腸からの余分な脂肪やコレステロールの吸収を抑えて、排出する働きもあります。以上のことから緑茶は、デトックス(毒素排出)には欠かせない飲み物といえますね。食物繊維にも同様の効果があります。

どろどろの血液や内臓脂肪こそ、デトックスすべき

* 食事から摂取した中性脂肪は、小腸からカイロミクロンという運搬船(タンパク質)に乗って、全身に送られます。中性脂肪を配給し終えた運搬船は、カイロミクロンレムナントとなって肝臓へ。ところが血液中に中性脂肪が多くなりすぎると、カイロミクロンレムナントが血液中に漂ってしまい、血管壁にへばりつくことに。悪玉コレステロールとともに、動脈硬化の原因になります。ちなみにレムナントとは、残りかすという意味。

悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こす

中性脂肪が多くなると、比例して悪玉コレステロールが多くなります。
LDLコレステロールは悪玉と呼ばれていますが、もともとは健康の維持に必要不可欠なものです。コレステロールは性ホルモンや副腎皮質ホルモン、脳の神経繊維の材料になります。そのほか脂肪を消化する胆汁酸、カルシウムの吸収をよくするビタミンD、全身に60兆個あるすべての細胞をつつむ「細胞膜」の材料ともなります。(脂肪は水に溶けないので、血液中ではアポタンパクというたんぱく質と結合しています)

しかし、血液中にLDLコレステロールが増えすぎると、活性酸素の標的になって酸化されてしまいます。
そうなると、今まで体に有益な働きをしていたLDLコレステロールが、一転して悪玉になってしまうのです。
これこそが、血中における本当の毒素といえます。酸化されたLDLコレステロールは、小さいことが特徴。高血圧によって傷ついた血管内壁の傷口に、カルシウムとともに入り込みます。

動脈硬化とプラーク

すると、酸化されている物質ということで、異物と判断した免疫細胞のマクロファージが掃除にやってきます。そして、別名を大食細胞というように、どんどん食べてしまいます。

しかし、マクロファージの体内では酸化LDLを分解できないので、どんどんふくらみ、やがて破裂することに。その結果、血管が傷つきます。それを補修するために血小板が集まってきて、その部分が盛り上がってくるのです。これがプラークといわれるものです。

以上のプロセスが繰り返されることで動脈硬化になり、血流が阻害され、血圧が上昇します。やがて、全身のどこかの血栓がはがれて、狭い動脈内で詰まれば、そこから先に血液が流れなくなります。その結果、心筋梗塞や脳梗塞が引き起こされるのです。

こういった血液中の毒素を放置することは、命に関わることですから、ダイエットで痩せることは寿命を延ばす健康法でもあるのです。

血中の毒素を排出する簡単なデトックス法には、前述したようなウォーキングなどの有酸素運動があります。20分歩かないと意味がないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。運動開始とともに、血液中の脂肪や糖質がエネルギー源として使われていきます。ですから血液をさらさらにして、動脈硬化を予防する効果があります。しかも適度な刺激で血液を送り出すので、血管が柔軟になり動脈硬化の改善にもなります。

またLDLコレステロールを酸化させないためには、抗酸化物質の摂取も必要です。
ビタミンCやビタミンE、ベータカロチン、CoQ10、アルファリポ酸などが有名ですね。緑茶に含まれているカテキンも抗酸化物質で、ビタミンCの10倍、ビタミンEの20倍の抗酸化力で知られています。
そのほか、かなり強い抗酸化物質としては、たまねぎの薄皮に含まれるプロトカテキュ酸があります。こちらはカテキンの2倍もの抗酸化力があります。今まで、たまねぎの皮を捨てていた人は有効活用しましょう。

正しいダイエットは、血管を健康にして寿命を延ばす

* 悪玉コレステロールやカイロミクロンレムナント以外では、ホモシステインも血液中の毒素になります。
同様に動脈硬化を促進するからです。ホモシステインを撃退するには、葉酸やビタミンB6、B12を含んでいる焼き海苔がオススメ。

このページの先頭へ