Q. 一人暮らしで、料理が苦手。栄養バランスが偏りがちで困っています

A. 一人暮らしで、しかも料理をされないということは、外食か弁当主体の食生活ということでしょうか?
最近のコンビニ弁当は、栄養バランスにすぐれているので、それで栄養不足になる心配は、まずありません。それよりも高カロリーだったり、保存料が使用されているので、そちらのほうが気になります。リンはカルシウムの吸収を妨げます。ですから、できるだけ牛乳を飲むようにするなど、カルシウムの摂取を心がけてみてください。

コンビニ弁当でも外食でもそうですが、高カロリーであることが多いので、「全部食べきらない」ほうがよいかもしれません。よくかんで食べることによって、いつもより少ない量でも、満腹中枢は刺激されます。

料理をしない女性にオススメの方法は、ちょっとした食材を食事に取り入れることです。
たとえばゴマやアーモンド、昆布、焼き海苔などですね。こうした食材は、ビタミンやミネラル、良質の脂質、タンパク質(アミノ酸)を多く含んでいます。そのため、一人暮らしで不足しがちな栄養素を補ってくれます。
また噛み応えがあるため、食欲の抑制にも役立ちます。


私のオススメは、ケールの青汁。私の場合、牛乳に混ぜて朝晩飲んでいます。
牛乳だけでも相当な栄養価ですが、それにケールを加えることで、最高の栄養ドリンクになります。ケールは緑黄色野菜の王様といわれ、不足しがちな野菜を補ってくれます。

野菜にはビタミンやミネラル、抗酸化物質、ファイトケミカルが豊富なので、ぜひ摂取しておきたいものです。そのほか野菜には、食物繊維も含まれています。食物繊維は栄養源にはなりませんが、余分な脂肪やコレステロールの排出に役立ちます。また血糖値の急上昇を抑えてくれるので、食べたものが脂肪にたまりづらくなります。

コンビニの弁当では、どうしても野菜が不足しがちになります。
それを補うために、ぜひケールの青汁を、あなたの食生活に取り入れてみてくださいね。美容と健康を促進しながら、あなたのダイエットを有利にすることは間違いありません。


食材ということで言えば、スルメもけっこうオススメです。
スルメとは言うまでもなく、イカを乾燥させた干物ですね。スルメは食材のなかでは、かなり硬い部類に属します。そのため必然的に、よく噛んで食べる必要があります。咀嚼することは、食欲の抑制にも働くのでオススメ。しかもよく噛むと、脳内にヒスタミンが分泌され、それが内臓脂肪を分解・燃焼してくれます。

麺類やパンが好きな人は、どうしても、よく噛む機会が少ないでしょう。
素材が軟らかいからですね。ラーメンやそばだけだと、どうしても噛まないために食べ過ぎることに。またヒスタミンがあまり分泌されないので、脂肪も分解してくれません。その場合は、スルメを食前に噛んでおくとよいのです。そうすれば食欲の抑制に働きますし、脂肪の分解までしてくれるからです。

軟らかい素材のものを食べる前に、ガムを噛んでおくことも有効です。
ただしガムを噛みすぎると、消化されない成分が含まれているため、下痢になることがあるので要注意です。

たらふく食べたいという人には、「食後の」スルメがオススメ。
たとえ、たくさん食べたとしても、ヒスタミンが脂肪を分解してくれるからです。食後だと食欲の抑制効果はもちろんありませんが、脂肪の分解だけは促進してくれます。食後のデザート代わりに、スルメを食べてもよいのです。

スルメには、EPAやDHAといったオメガ3(多価不飽和脂肪酸)が含まれています。
これは青魚のページでも説明しているように、中性脂肪やコレステロールを減らしてくれます。またスルメに含まれているタウリンは、心臓の筋肉を強化して、血流をよくしてくれます。そうなれば、脂肪の燃焼効率や基礎代謝のアップに役立つはずです。

スルメには、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンも多く含まれています。
そのためスルメを食べることによって、筋肉量が増えて、基礎代謝のアップを期待できます。成長ホルモンには肌を修復する働きもあるので、美白・美肌にもいいでしょう。そのほか成長ホルモンには、脂肪を分解する働きもあるので、スルメがダイエットに有効なのは明白です。免疫力の増強にも役立ちます。
ちなみにアルギニンは、チョコレートにも含まれているので、間食にオススメ。

「スルメに含まれている不飽和脂肪酸は、酸化されているので危険だ」という声も聞きます。
しかし、そんなことを言ったら青魚だって、水銀などが含まれていて、健康に悪いことになります。もしスルメが健康に悪いのなら、いままで販売され続けてきたでしょうか?また危険なら、専門家が注意を呼びかけるはずです。でも、そんなことはないですよね?仮に多少のマイナス面があったとしても、スルメには、それ以上のメリットがあると考えてよいと思います。

以上のように、たとえ料理が苦手で、”ダイエットレシピ”を作れない女性でも大丈夫です。
カロリーの摂り過ぎだけには気をつけて、あとは不足分を、栄養価の高い食材で補えばよいのです。これによって栄養バランスを、しっかり保つことができます。むしろ食材の有効性に気づいて、毎日食べるようにすれば、きちんと料理している人よりも、栄養バランスを取ることだって可能です。

料理が出来なくても、食材を活用すれば栄養バランスは安心

このページの先頭へ