Q. 食事制限をしているのに、痩せれません。なぜですか?

A. 極端な食事制限をすると、こちらにあるように、体が飢餓状態になってしまいます。
そうなると、かえって脂肪が減りづらくなります。また食事から摂取した栄養素を、できるだけ体脂肪にため込もうという働きも強くなります。異常な食欲もわいてきます。

つまり、脂肪がどんどんたまっていく体質になってしまうということ。体重を落とすために、食事量を減らすダイエットはよく行われますが、このように逆効果になってしまうわけですね。

そのほかこちらで解説しているように、カロリーが不足しすぎると、脂肪も減りますが、あなたの筋肉まで減ってしまいます。とくにブドウ糖は、脳にとって唯一の栄養源。これが不足すると、筋肉を分解し始めます。
筋肉は基礎代謝の大半を占めるため、筋肉が減ると、摂取カロリーがオーバーしがちに。この点からも、過度の食事制限は、「痩せにくく太りやすい体質」を作るだけなのです。痩せれなくて当然といえます。

極端な食事制限をすると、当然ストレスもかかります。
食べたいのを我慢しているのに、リラックスして楽しいなんてことは、ありませんよね?もしあったとしたら、
それは拒食症への入り口になってしまいます。ふつうは食事制限をすることは、ストレスになるはずです。

こちらで解説しているように、慢性的にストレスがかかると、コルチゾールというホルモンが分泌されます。
そうすると筋肉を分解し始めて、ブドウ糖を作り、血糖値を上昇させます。ブドウ糖が不足したときと、同様の状況になるわけですね。食べていないのに高血糖を招き、糖尿病の危険すら出てくるのです。

脂肪がたまりやすい体質になったところで、ドカ食いをすれば、間違いなくリバウンドを招きます。
そうなると以前よりも太ってしまい、ダイエットに失敗することになるのです。そうならないためには、初めから極端な食事制限や、食抜きダイエットはしないことです。

逆説的かもしれませんが、しっかり食べることこそが、ダイエットで痩せるための必須条件といえます。
1日3食をしっかり摂取することを心がけましょう。

痩せるためには、まずはしっかりと食べましょう

このページの先頭へ