アルファリポ酸とは?

アルファリポ酸(αリポ酸)は、CoQ10と非常に似かよった働きをする成分。
別名をチオクト酸といい、CoQ10と同じく、以前は医薬品(肝臓の治療薬)として使われていた。
それが2004年の食薬区分の変更にともなって、食品の仲間となった。

アルファリポ酸は、体内でぶどう糖の分解を助けて、ミトコンドリアでのエネルギー産生を補佐する。
つまりCoQ10と同じく、アルファリポ酸を摂取することによって、ぶどう糖がエネルギーに変わりやすくなるということ。その結果、糖分が脂肪に蓄積しづらくなる。また、血液がさらさらになって、糖尿病の予防にも役立つ。

以上の2つの成分と、脂肪酸やブドウ糖をミトコンドリアまで運ぶ「L-カルニチン」は、協力し合ってエネルギー代謝に働く。そのため、この3成分をサプリメントなどで一緒に摂取すれば、相乗効果を期待できる。

アルファリポ酸は、広範囲に作用する、非常に強力な抗酸化物質としても知られている。
その抗酸化力たるや、すさまじく、ビタミンCやEなどの400倍もの力があるといわれている。通常の抗酸化物質は、水溶性と脂溶性のどちらかに分かれ、その活躍の場も限られている。ところがアルファリポ酸は、水にも油にも馴染む性質をもっている。そのため活動範囲が広く、どのような抗酸化物質が酸化されたときでも、すぐに駆けつけて還元してくれる。またアルファリポ酸自身が酸化しても、すぐに元の状態に再生が可能。

アルファリポ酸の分子は、非常に小さいことが特徴。
そのため、なかなか通過がむずかしい脳の毛細血管にまで、抗酸化作用がおよぶ。これが、ボケの予防に効果を発揮する。このように小回りが利くので、皮膚の毛細血管にも容易に浸透し、美白・美肌の成分としても役立つ。つまり、紫外線によって皮膚が酸化されて、シミが出来ないように守ってくれる。

このような末梢の血行促進作用や、脳への浸透は、ビタミンEやイチョウ葉エキス、DHAとよく似ている。
ただしアルファリポ酸の場合は、到達するだけではなく、そこで抗酸化作用を発揮するところが異なる。

ただしアルファリポ酸の強力な抗酸化力が発揮されるには、1日300mg以上の摂取が条件となる。
これを、食事のみから摂り入れることは困難。抗酸化力を期待するなら、必然的にサプリメントを利用することになる。アルファリポ酸が体内に入ると、まずはブドウ糖の代謝促進に働く。それでも余力があるときに、はじめて、強力な抗酸化物質としての力を発揮する。

ちなみに抗酸化物質には、そのほかにビタミンCやカテキン(両方とも緑茶に多い)、ゴマリグナン(ゴマ)、ケルセチンやプロトカテキュ酸(たまねぎ)などがある。これらも一緒に摂取すると、よりいっそう老化の抑制や、動脈硬化の予防を期待できる。

アルファリボ酸は、CoQ10と同様に体内でも合成できるが、その産生量は20歳を境に年々減少していく。そのため積極的な摂取を心がけないと、体内でのブドウ糖の代謝がとどこおり、脂肪としてたまりやすくなる。食品にはわずかしか含まれていないので、積極的にサプリメントから補給することが賢明。

■ 成分を含む食材 : ほうれん草、じゃがいも、ブロッコリー

ワンポイントアドバイス
アルファリポ酸が効果を発揮するには、CoQ10やL-カルニチンのほか、ビタミンB1やクロムなども必要です。ブドウ糖の代謝には、いろいろな成分が関わっているからです。ビタミンやミネラルは、お互いに助け合って作用しているので、マルチビタミンやマルチミネラルを活用してもいいと思います。すべての成分を摂取しておけば安心ですね。

アルファリボ酸の抗酸化作用には素晴らしいものがありますが、相当量摂らないと、力を発揮できないという点に注意。

このページの先頭へ