L-カルニチンとは?

L-カルニチンは、必須アミノ酸のリジンとメチオニンから、肝臓や腎臓で合成されるペプチド。
加齢と共に体内での生産量が減少していくので、サプリメントなどによって外部から摂取していくことが大切。L-カルニチンは全身の筋肉細胞内(心筋や骨格筋)に存在しており(*脚注)、褐色脂肪細胞を活性化する。そのほか脂肪分解酵素リパーゼに働きかけ、脂肪酸への分解を促す。

L-カルニチンは、細胞質内に入ってきた遊離脂肪酸やブドウ糖を、ミトコンドリアにまで運んでいく役割も果たす。したがって、もしこの成分が不足すると、いくら多くの脂肪が分解されて筋肉細胞まで届いても、エネルギー源として使用できなくなる。脂肪酸は行き場を失ってしまうため、脂肪の燃焼効率が悪くなる。またブドウ糖を利用できなくなるため、疲れやすくなる。脳にとっても大切な成分で、不足すると痴呆症の原因になる。

アミノ酸価の高い食材(青魚など)さえ摂取していれば、自然と必須アミノ酸のリジンとメチオニンを補給できるので、不足の心配はない。原料さえ摂取してしまえば、あとは体内で、自然にL-カルニチンに合成される。

ただし20歳以降は、体内での合成能力が、加齢とともに低下していく。
そのため中年になると、分解された脂肪の燃焼効率が悪くなって、太りがちになる(そのほか、成長ホルモンや褐色脂肪細胞の減少なども、太りやすさと関わっている)。これを予防・改善するためには、できるだけ「カルニチン本体」を、食材やサプリメントから摂取したほうがよいといえる。植物にはリジンとメチオニンが少ないので、ベジタリアンや、過剰なダイエットをして肉を食べない人は、カルニチン不足に陥る危険がある。

L-カルニチンの効果を最大限高めるには、同時にCoQ10(コエンザイムQ10)とビタミンB1を摂ることがポイント。前述したようにL-カルニチンは、脂肪の分解と運搬までを担当している。そのほか褐色脂肪細胞をも活性化する。そのため褐色脂肪細胞の働きにより、運動をしなくても脂肪が燃焼されやすくなる。もちろん有酸素運動を習慣にすれば、筋肉細胞内で、さらに多くの脂肪酸を燃焼していくことができる。

■ 成分を含む食材 : 羊肉、牛肉などの赤身の肉

* L-カルニチンは、心臓の筋肉にも多く存在し、心臓のエネルギー代謝に関わっている。
これは、心臓の主要なエネルギー源が脂肪酸であるため。医療の現場では、心不全や狭心症の改善に役立てられている。そのほか、心筋梗塞発症後のケアにも有効とされている。CoQ10も心臓に多く存在し、エネルギー代謝を促進する作用があるため、この二つを摂取すると、よりいっそう心臓の健康を保つことができる。心臓が強化されれば、全身への血流が増すため、体温の上昇や基礎代謝のアップにつながっていく。

ワンポイントアドバイス
L-カルニチンは、分解した脂肪酸をミトコンドリアまで届けてくれます。
そのため有酸素運動を取り入れれば、よりいっそうダイエットに効果的です。せっかく脂肪酸への分解を促してくれるのに、それを燃焼しないなんて、もったいないですよね?

脂肪酸の代謝には、ビタミンB2も大切です。そのほか、アミノ酸の代謝に関わるビタミンB6を摂取すると、L-カルニチンが作られやすくなります。結局はビタミンB群をバランスよく摂取することが大切ということ。黒酢に含まれているクエン酸や、共役リノール酸も摂取すれば、脂肪の代謝がさらに促進され、よりいっそう血液がさらさらになります。

このページの先頭へ