たまねぎの栄養素

ダイエットに役立つ、たまねぎ

たまねぎはユリ科の植物に属し、その仲間にはニンニクやねぎ、
ニラといったものがあります。たまねぎというと包丁で切ったときに、つんとした刺激臭がしたり、目が痛くなって涙が出てきますよね?

じつは、この作用は硫化アリルによるもので、健康を増進させる成分。ですから調理するさいには、硫化アリルを損なわないように注意する必要があります。 (詳細は後述)

たまねぎの栄養素の主な成分には、以下のようなものがあります。

  • 硫化アリル ・・・ 血栓溶解作用 →血液をさらさらに
  • ケルセチン ・・・ ポリフェノールの一種。抗酸化物質。薄皮に含まれる
  • ビタミンC ・・・ 強力な抗酸化物質
  • ビタミンB1 ・・・ 疲労回復作用。糖質の代謝に関わる
  • プロトカテキュ酸 ・・・ 最強の抗酸化物質。ケルセチン同様、薄皮に含まれる

この表を見て分かると思いますが、たまねぎは抗酸化物質の塊のような食材です。
抗酸化物質は、老化の原因といわれる活性酸素から身を守ってくれます。そのため、たまねぎは老化を遅らせてくれるアンチエイジングの食品といえるでしょう。もちろんダイエットにも有効です。食べ過ぎても害はないので、毎日の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか? (食べ方の注意点は、一番下で解説

たまねぎの硫化アリルの働き

たまねぎの主成分にあたるものが、前述した硫化アリルです。
これは硫黄化合物に属する催涙成分。独特の辛味と刺激臭がするのは、この硫化アリルが多量に含まれているからです。

たまねぎの栄養素・硫化アリルは、アリシンとかチオスルフィネートと呼ばれたりもしますが、ほぼ同じ意味だと考えてよいでしょう。硫化アリルには、じつに様々な健康効果があります。もちろん、ダイエットで痩せたい女性にも役立つ作用が満載です。

  • 血液凝固を遅らせる血栓予防作用 →血液をさらさらに
  • 血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす →ダイエットに有効
  • 血糖値の上昇を緩やかにする →ダイエットに有効
  • 血圧を下げる
  • 疲労回復・スタミナ増強作用 →ビタミンB1を有効活用する。アリチアミンの働き
  • 催眠作用 →神経を鎮静化させる。安眠に役立つ →眠りを深くして成長ホルモンを増やす
  • 血行促進作用 →体を温める。冷え性の改善に役立つ (参考:体を温める大切さ

とくにダイエットに関係する効用は、以上のようになります。そのほか胃液の分泌を増やして、食欲を増進させる作用もあります。殺菌・抗菌作用があるので、食中毒の予防にも役立ちます。

硫化アリルの疲労回復効果

たまねぎの栄養素・硫化アリルには、疲労を回復させ、スタミナを増強させる働きがあります。
たまねぎに含まれているビタミンB1も、もちろん疲労回復に一役買っていますが、それだけではありません。硫化アリルがビタミンB1と結合すると、アリチアミンという成分になります。このアリチアミンがビタミンB1の吸収率を高めてくれたり、ビタミンB1を長く体に留める働きをするのです。

たまねぎを使ったサラダ

たまねぎの栄養素には、もともとビタミンB1が含まれているので、それと硫化アリルが結合してアリチアミンになります。このままでは、もったいないですよね?そこで、たまねぎと一緒に、ほかの食材からビタミンB1を摂取すると、それらのビタミンB1の吸収率が高まります。

たとえば肉じゃがとかポークカレー、豚肉とたまねぎの炒め物などは、
アリチアミンの性質をうまく活用したレシピといえますね。

ビタミンB1が不足すると、血液中の糖質の代謝が滞るので、脳に栄養が行かなくなります。
そうなると飢餓状態になってしまい、体に脂肪が付きやすくなります。ですからダイエットで痩せるためには、ビタミンB1を含む食材を、積極的に摂取する必要があります。たまねぎ(あるいはニンニク)に含まれている硫化アリルは、このように大切なビタミンB1の吸収を促進してくれるのです。

ちなみに納豆にはビタミンB1が少ないのですが、硫化アリルが、この欠点を補ってくれます。
硫化アリルが含まれている「刻みネギ」や「にんにく」を加えると、納豆に少ないビタミンB1が、最大限吸収されるからです。オススメの組み合わせです。

なお硫化アリルは、水に触れると成分が流れ出してしまいます。
また、加熱すると成分が失われ、長い時間空気に触れると気化してしまう
というデリケートな特徴があります。たまねぎの主要栄養素・硫化アリルを損なわないためには、以下のような工夫が必要です。

  • 水に浸ける時間は短時間にする
  • 加熱する場合は、薄切りにしてから15分程度放置 →加熱しても成分が壊れなくなる
  • 生で食べる場合、15分程度空気にさらしておくと、硫化アリルの効力がアップする
  • 冷蔵庫で冷やしておいて、すぐに切れば気化を防げる →気化しないので、目も痛くならない

たまねぎに含まれている、ビタミンB1やビタミンCといった水溶性ビタミンは、熱に弱い特徴があります。
そのため、できれば”生のまま”食べたほうがよいかもしれません。

たまねぎの抗酸化力

前述したように、たまねぎには三つの抗酸化物質が含まれています。
ビタミンCとケルセチン、プロトカテキュ酸でしたね。ビタミンCは本体に含まれていますが、ほかの二つは薄皮の部分に含まれています。両方とも、薄皮の茶色い成分に抗酸化作用があるわけです。

2個のたまねぎ

ですから、たまねぎの薄皮の部分を捨ててしまっては、大切なたまねぎの栄養素を摂取することができません。そこで薄皮をよく水洗いして、乾燥させてから保存し、それをお茶として飲むと効果的です。

昔から「タマネギの皮のお茶」は、脳卒中の予防や高血圧の改善に活用されてきました。こういった効果は、たまねぎの薄皮に含まれている、ポリフェノールの抗酸化作用だったわけですね。

ポリフェノールは水溶性の抗酸化物質なので、細胞壁以外の、細胞質内や細胞外で活躍します。
とくにプロトカテキュ酸は、緑茶に含まれるカテキンの、2倍もの抗酸化力で知られています。カテキン自体、ビタミンEの20倍、ビタミンCの10倍もの抗酸化力があります。たまねぎのプロトカテキュ酸が、いかに強力な抗酸化物質であるかが分かるでしょう。

この三つの成分を摂れば、血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑えて、動脈硬化を予防できます。
しかも、前述した硫化アリルの血栓溶解作用が加われば、よりいっそう血液がさらさらに。その結果、どんどん血管が若返って、脳卒中や心疾患を確実に予防できることになります。ちなみにケルセチンには、腸内で脂質と結合して、排泄する作用もあります。水溶性食物繊維のような働きもするわけですね。

たまねぎの注意点

たまねぎの栄養素は、以上のように健康とダイエットにとって、すばらしい効果を発揮します。

しかし注意すべきは、ペットを飼っている場合です。
人間以外の、犬やネコなどの動物が食べると死に至るので、要注意です。たまねぎやネギ、にんにくなどに含まれる硫黄化合物(硫化アリル)を、人間以外の動物が摂取すると、中毒を引き起こします。血液中の赤血球が破壊されてしまうからです。ペットには、くれぐれも、たまねぎを含んだ餌を与えないようにしましょう。

そのほかの注意点としては、空腹状態でたまねぎを食べると、胃液の作用によって胃壁を荒らしてしまいます。空腹時に、たまねぎだけを食べることはせず、おかずの一つとして一緒に食べることが基本です。
また貧血気味の人は、食べ過ぎないほうがよいでしょう。現在、鉄欠乏性貧血の女性は、ゴマから鉄分と銅をしっかり補って、まずは貧血を改善させましょう。それから、たまねぎを取り入れたほうがよさそうです。

このページの先頭へ